ライブチャットは札幌泊のときに

自分の話ではないのですが(笑)
ライブチャットというと風俗に近いイメージがありますよね。
女の子が好きな男性なら知っていると思いますが、
住んでいる地域ではなかなか勇気が出ないですが、
遠く離れた場所への出張のときなんかはライブチャットを札幌でなら・・・
と思うんでしょうね。
私は好きなスペイン音楽を聴いていればそれで満足なもので。
それはそれで不健康だといわれるんでしょうけど。
ご家庭をお持ちの方は気をつけましょうね。

建築関係の求人を調べていたら

以前転職活動をしていた時に、建築関係の求人
良く聞かれたり見かけるキーワードに、ヨーロッパ文化への
理解が重要なものがいくつかありました。
特にレストランなどを手掛ける所では、
ヨーロッパの古い建築を思わせるようなアーチ型の天井や、
レンガを使ったカウンターなど、現地文化に理解のある人が
求められているようです。
以前からスペインの音楽に興味があり、
個人的にもフラメンコやギターを聞きにスペイン旅行に行った
経験があることから、そういった西洋風内装を
多く手掛ける社を中心に転職活動を行いました。
実技はもとより、どういった建築をしたいのか
具体的なイメージを持った人を求人したいという思いが
どの社にもあり、面接でそういった体験談を語ったのが、
転職成功の一つの鍵になっていたと思います。

埼玉の結婚相談所で知り合った方と

生まれも育ちも埼玉県だった私は、
結婚後も地元に住み続けたいと思っていました。
埼玉で婚活をすれば、同じ埼玉在住の人と出会えると思い、
埼玉の結婚相談所に登録しました。
趣味を音楽鑑賞としたのですが、
より詳細だとお相手が見つかりやすいとアドバイスされたので、
その時気になっていたスペインの音楽と書いておいたところ、
偶然にもスペイン音楽の歴史や文化を研究している男性から
メッセージをもらうことができました。
実際にお会いしたところ、話がとても盛り上がりました。
私は興味をもった分野についてとても勉強できたし、
彼も自分の得意分野で話を分かってくれる異性に会えたことが
嬉しかったようです。
今も順調にお付き合いを続けています。

職場のスペイン人に人気の電池ケース

職場のスペイン人に人気の電池ケースは、
確かに、現地スペイン製のケースもあるでしょうが、
やはり日本製の電池ケースではないでしょうか。
最近では中国製が世界中を席捲していますが、
中国製は所詮、他国の物まねで技術を仕入れた訳で、
アフターケア等を考えていない場合が殆どです。
要するに、その場さえよければ大丈夫といった考え方が
丸見えなので、あまり、良く思われないものです。
そこにくると、日本製品は、構造もしっかりしており、
また、壊れた場合のアフターサービスも整っていると
考えられているので、どうしても日本製品に人気が
集まってしまうのです。
また、細かい工夫も施されており、
ユーザーのこころを掴んでいるといった側面もあるのでしょう。

ダイビングは神奈川ではじめようかと思っていますが

ダイビングをはじめようと資料収集をしています。
ダイビングは神奈川のスクールで習おうと考えているのですが、
もし都内で知っている人がいたら教えてください。
まあ、実際潜ることを考えると神奈川のほうが
都合がいいのかもしれませんが。
ダイビングのライセンスが取れたら行きたいところを
ピックアップしておこうと取らぬ狸の何とかになってますが、
スペインってダイビングスポットがいまいち見つからず。
ヨーロッパのダイバーってアジアに潜りに行くようですね。

観葉植物レンタルとスペイン音楽

週に1度は行くカフェには観葉植物がたくさん。
店主の趣味でスペイン音楽が流れ、カフェメニューもスペイン料理がちらほら…。
スペイン料理レストランは敷居が高いけど、カフェなら気軽に来れるので、
ランチや軽食を摂りによく来ているんです。
今日店主と話してみて、観葉植物レンタルを利用していることを知ったんですが、
レンタル会社の人の話だと、このみせの観葉植物はとても元気なんだそうです。
スペインの音楽が原因じゃないかと。
素敵ですね。

ティーカッププードルより、ピレニアン・マスティフでしょ!

今回は、スペインをもっと知ろうよ!と思いまして、
最近日本で注目されているスペイン関連を紹介したいと思います。
日本国内でも街を歩くと珍しい種類の犬を連れた人に会うようになって来ました。
チワワやティーカッププードルなど可愛さも相まって人気が高いですよね。
いかに人と違う種類の可愛いペットを連れているかが
ステータスになって来ているのかもしれません。
そんな中で注目されているが「ピレニアン・マスティフ」←犬の名前です(笑)
世界での知名度も高いレア大型犬種とされていて、
大型犬ながらも素朴さを併せ持つスペインルーツの稀少犬種。
ペットからスペインを知るのも良いと思うます。

井之頭病院の採用担当の趣味

ここのところ、スペインの音楽ネタには事欠かないのですが、
理由はというと井之頭病院の採用担当者である友人が
最近スペインでいろいろ仕入れてきたからなんです。
井之頭病院の採用担当になったのはつい最近で、
転職が決まってから前職の有給休暇を使いきってスペインに滞在していたんですよ。
もちろん私もスカイプでいろいろ指示させてもらっていろいろ買い物を
頼んでいたので、今はホクホクです。
それをネタに飲み会ばっかやってます。

ゴミ屋敷は東京の品位を下げているby便利屋マン

スペイン人、日本人、ドイツ人の友人たちと、とあるスペインバルに集まって
飲んでいた時のことなんですが、クラシックとスペインの歌謡曲、
日本の演歌について語り合っていたんですが、
似ている部分とその土地の文化を感じるところを出し合ってみると、
結構面白いんです。
2時間くらい盛り上がりました。
そのあとはカラオケへ…。なぜかアニソンしばりで(^^)
その帰り道、すごいキツイゴミ屋敷を発見。
ゴミ屋敷は東京の品位を下げている、という便利屋マンの異名をとる
ある友人のコメントは同意せざるを得なく、悲しいですね。

看板デザインで何屋か分かるのがいい

語学に自信がない海外旅行者にとって、現地の看板デザイン
有難いサインではないでしょうか。
つい最近もスペインに音楽留学をした知人がSNSで
「やっと日常会話が少しわかるようになってきたけど、
音楽以外の専門用語は難しいね」と言っておりました。
最初は全国共通のファストフード店ばかりにいっていたようですが、
看板を目安にして、家庭料理のレストランデビューもできたと嬉しそうでした。
彼からスペインの音楽の話をじっくり聞かせてもらうのは
もう少し先になりそうですね(笑)。

流れる水の如くタップを踏みたいが、どう見積っても蛇口の水漏れ…。

流れる水の如く、タップを踏むとダンスを少し噛んでいた頃に、ならった気がします。
きっとスペインの代表的なダンス、フラメンコも同じだと思います。
ダンスに限らず、コツなどで水が例えられる事は多いですが、
なかなか一般人の私などは掴みきれないもので、水の如くと言うより、
良く言っても蛇口が水漏れした水としか形容できないステップがせいぜいです。
どうしても力が入りすぎて、音楽の流れや
ステップのスムーズさが消えてしまうんです。
これは脚が悪いのか、耳が悪いのか、それとも…。

フレッツ光の乗り換えとスペイン音楽史

スペイン音楽はルネッサンス期に開花します。
インストルメンタル音楽が出現し、
スペインギターが発展したことで全盛を極めたのです。
それから軽めのスペイン版オペラであるサルスエラが語られることも多いですね。
このあたりのスペイン音楽史はわくわくしながら勉強した記憶があります。
さて、今私はフレッツ光の乗り換えについて悩んでおりまして、
スペイン音楽史どころではないのですが、
好きな方へ感情が流れてしまって困っております~。

ボレロの認識と音楽業界の一般労働者派遣事業許可。

ボレロってあるじゃないですか。
私、あれスペインの方が作曲したとばかり勝手に思ってたんですが、
フランスの方だったんですよ。
バレエ演者のイダ・ルビンシュタインの依頼により、
スペイン人役のためのバレエ曲として制作された経緯とのことで。
「スペイン人役」なんですね。
話は変わりますが、音楽業界も派遣労働が多いとのらしく、
派遣労働には一般労働者派遣事業許可が必要らしいですが、
もういっそそういうのなくして全員正社員とか無理ですか?
音楽業界も底上げできるかもしれませんよ。

不動産名義変更が司法書士さんのイメージの私

なんの気なしにフラメンコの体験的な催し物に出た事があります。
体験的なニュアンス会の割に玄人な方のような方が多い気が
素人の私には映りました。
休憩中に世間話で話してみたところ、趣味でやっている方々なようで、
フラメンコ司法書士グループとのこと。
正直、不動産名義変更とかが司法書士さんのイメージしかなく、
詳しく仕事が分からない私は会話を掘り下げるのに苦労しました。
しかも司法書士とフラメンコがどうにも頭で繋がらないのも更なる痛手。
とはいえ良いスペインと会話の流れの勉強になりましたよ。

水漏れの対策として覚えておくこと

近代スペインにおける「三大作曲家」は、アルベニス、グラナドス、ファリャですが、
聴いたことのない方に、私はまずファリャをおすすめします。
スペインらしさを持つ音楽を国際的に認めさせたといえるこの3人の音楽は、
一度お聴きいただきたいと思います。
さて、ファリャを聴きながら調べ物をしていた私ですが、
最近水漏れが気になっているので、水漏れの調べ方を検索していました。
どうも水道料金が高い木がするので。
すべての水道を止めて水道メータを見るだけでOKでした。
水漏れではなかったです。
節水だ!

フラメンコの香り、川崎市不動産。

川崎市の不動産に行った際のことです。
外観は普通の不動産だったんです。入った内装も普通でした。
出て来たスタッフも普通でした。
でも音楽が普通ではありませんでした。
コンポから流れているようで、コンポ周りを見てみるとフラメンコ音楽CDが沢山で、
そこだけ情熱の国になっていました。
おそらく、そこの主人か誰かの趣味なのだと思われるのですが、仕事場でも聞くとは。
いや客にも聞かせるとは、その心意気たるやもはや推測出来ません。
川崎市の不動産に行けば少なくともフラメンコ音楽事情は分かるかもしれませんよ。

ナース白衣を着たおじさん

女装のおじさん、ビアちゃんが今度高須クリニックの新CMに出るそうです。
西原理恵子さんのブログで見ました。
ナース白衣を着たツインテールのおじさんを見て
「高須クリニック、何がしたい」と改めて思いました。
ただ、CMは見てみたいです(笑)。
スペインの音楽事情を紹介する当サイトですが、今日はスペインの女装事情を。
スペインのカーニバルで行われるスペイン男性の女装ハイヒールマラソン!
想像するとぞっとしますが、意外やキレイな人が多いのが特徴です。

SUZUKI GSX-Rを乗りこなすスペイン人

スペインの音楽といえば、フラメンコ…なんて連想する人はこのサイトには
来ていないと思いますが、実際スペインでテレビやラジオを聴いてみると
分かるように、日本と同じような幅広い音楽が聴かれているんです。
話は変わりますが、日本からスペインに移住する人もいますが、
逆にスペインから日本へ移住してくる人もいます。
最近知り合いになったスペイン男性は日本のバイクが大好きだそうで、
中古で手に入れたSUZUKI GSX-Rを自分で手入れして乗りこなしているそうです。
ひとしきりバイクの話をしたら、スペインの音楽の話をしてみようと思います。