フラメンコの香り、川崎市不動産。

川崎市の不動産に行った際のことです。
外観は普通の不動産だったんです。入った内装も普通でした。
出て来たスタッフも普通でした。
でも音楽が普通ではありませんでした。
コンポから流れているようで、コンポ周りを見てみるとフラメンコ音楽CDが沢山で、
そこだけ情熱の国になっていました。
おそらく、そこの主人か誰かの趣味なのだと思われるのですが、仕事場でも聞くとは。
いや客にも聞かせるとは、その心意気たるやもはや推測出来ません。
川崎市の不動産に行けば少なくともフラメンコ音楽事情は分かるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です